株の初心者の軍資金は幾らぐらいが妥当か

株式投資というものは常にリスクが伴います。

※おこりがちなリスクとは…http://www.acwrtq.com/

株は初心者であればポートフォリオの考え方をもって、少額でリスクの少ない投資法に徹することが最もおすすめの方法です。

これからリスクの少ない投資法についてお話しします。

◎決まった準備金の額はなく投資額は任意。

株への投資資金をいくら用意すべきかは、とくにベーシックな考え方もないので、個々それぞれの都合に合わせてということになります。

たとえば自分の手元に5万円しかなければそれで購入できる株を選んで投資すれば十分です。

株式銘柄をいくつか選んで複数所有したい場合には、それなりの軍資金が必要になります。

たとえばエネルギー関連株、建設関連株、IT関連株などの組み合わせです。

株価を調べて、合計金額を用意しましょう。

◎軍資金は30万円を目安に安全な方法で。

私個人の感覚としては、軍資金は30万円程度あれば、複数の株式銘柄を所有することができます。

できるだけ関連性のない銘柄に投資して、ポートフォリオの役割を持たせることがポイントになります。

ポートフォリオとは、リスクを最小化する分散投資のことで、初心者の方であれば最初に知っておいて欲しい基本です。

たとえば建設関連の株と不動産関連の株は、関連性が高いので、その業界に不祥事や事故が起ったときは、共倒れになる可能性があります。

◎株式投資の初心者のうちから、100万円以上もの投資資金を用意する必要はありません。

むしろ少額を投資して、ノウハウを学びましょう。

初心者なのに最初のうちから100万円も使って株を買っていたら、長続きせずすぐに破綻して終わってしまいます。

目安は上限30万円、なけなしの貯金をはたくのではなく、余剰資金の範囲で楽しみましょう。